驟雨
短編 | 編集

おまけが微エロ注意。ただし、期待はしないでください

 6月にもなると体育の時間は暑くてやりきれないもんだが、そんな俺たちのダラダラとした態度に天が怒ったのか、突然雨まで降ってきたとなったらやりきれないどころの騒ぎじゃない。
 降り出した直後からの強い雨脚に慌てた俺たちは体育教師兼担任岡部が何を言うより早くさっさと校舎の方に避難した。
「なんだお前ら、こう言うときだけ早く動くよな」
 それでも別に怒ってる風でもなく快活に笑った岡部はとんでもないことを言う。
「このまま時間終わるまでグラウンドでも走ってるか? どうせ濡れてしまったなら同じだろう」
 同じじゃねえよ。そんなことしたら下着までずぶ濡れで残りの授業を下着も靴下もなしで過ごさなきゃならないじゃないか。
 俺たちのブーイングを聞いて岡部は更に笑った。
「冗談だ冗談だ、そう怒るな。残り時間は各自自習だ。風邪をひく前に早く着替えろ」
 そう言って自分も着替えるためだろう、職員用更衣室の方へと消えていった。
「さて、俺も着替えるか」
 一気に雨が降ってきたので短時間でかなり濡れている。特に頭は一度拭きたいな。とにかく早く着替えなければ。
 ふと見ると同じくグラウンドで体育の授業を受けていた女子も自習になったらしく、ぞろぞろと5組の教室に戻ってきていた。体操服が雨で身体に張り付いていて、なんとなく目のやり場に困る。おい谷口、あからさまにジロジロ見るのは止めろ。

「キョン、どこ行くんだよ」
 着替えずに体操服入れを持って教室を出ようとした俺に谷口が声をかけた。いや、別にわざわざ言うほどのこともないんだが。
「頭が随分濡れちまったからな。部室にタオルがあったから借りちまおうと思ったんだ」
「そんなのハンカチで我慢しとけよ」
「俺はお前と違って繊細なんだよ」
 誰が繊細だ、と笑う谷口に手を振って部室に向かった。雨に濡れて肌寒い。早く着替えないと本当に風邪ひくな。
 部室に到着して何気なくノブを回す。回しながら鍵がかかってるだろうと内心思ったのだが、予想に反してドアはあっさり開いた。何だ、既に誰かいるのか。

 中にいたのはハルヒだった。
「……」
 思わず固まっちまったのは、ハルヒが下着姿で立っていたからである。さすがに驚いたらしく目を見開いて俺を見ていたが、次の瞬間眉をつり上げたのを見て我に返った。
「わ、悪い!」
 慌ててドアを閉めた俺をハルヒの罵声が追ってきた。
「こんのエロキョン!!! なに覗いてんのよ!!!」
 断じてわざとじゃねえ。誰かいるなんて思いもしてなかったんだからな。
 ハルヒの下着姿を見るのは2度目だな。やっぱりなかなかグラマラスだった。いやいや、それはまあどうでもいいような良くないような、とにかく俺も早く着替えないと風邪をひきそうなんだがいつになったら声をかけてくれるのかね。だいたい着替えてるなら鍵をかけろ。それ以前にお前は男がいたって平気で着替えていたじゃないか。前にバニーガールに着替えようとして俺を追い出したこともあったから、今でははじらいを覚えるお年頃になったのかね。
 ようやくドアが開く頃には身体が冷え切っており、こんなことなら教室で着替えておくんだったと後悔した。

「まったく、懲罰物だわ!」
「お前がいるなんて知らなかったんだから仕方ないだろうが」
 不機嫌そうに眉をひそめるハルヒの頬がわずかに赤いのを見て意外に思う。確かに以前と違って着替えを見られるのは恥ずかしくなったのかもしれないが、それにしてもこれじゃ普通の女の子みたいじゃないか。何だかこういうハルヒは妙に可愛く見えてしまって、いやこいつは黙っていれば可愛いんだが、さっきの下着姿は……って思考ストップ! 俺は何を考えているんだ!
「とにかく俺も着替えさせてくれ。寒い」
 無理矢理思考を現実に戻して、俺は体操服入れから制服を取り出すと、取りあえず体操服を脱ぐことにした。
「ちょ、ちょっと!」
 何だよ、俺は着替えたいんだ、何でいちいちクレームが入るんだ。
「な、何よ、いきなり目の前で脱ぐんじゃないわよ!」
 着替えさせてくれと断った気がするし、何故か俺の目の前にお前が立ってるだけだろうが。気になるなら団長席でも廊下でも好きなところに行け。
「団長に廊下出ろなんていい度胸じゃない」
 と、俺を正面から見据え睨んだと思ったら、いきなり顔を真っ赤にしてそむけやがった。何なんだよいったい。
「ックション」
 冷えたのに上半身裸でいたせいでくしゃみがでちまった。早くシャツを着るか…………。

「…………」
「ハルヒ」
「な、何よ」
「シャツを着たいんだが」
「えっ あっ!」
 状況が分からないって? 俺にだって分からん。何でハルヒがいきなり俺に抱きついてるんだ?
 驚いた声をあげたところを見ると、ハルヒは無意識でやっていたらしい。慌てふためくくらいなら離れりゃいいのに、俺に抱きついたまま言い訳を始めた。
「だ、だから、あんたくしゃみなんてするから! 寒いなら団長自ら温めてあげようと、そう、雑用係が風邪ひいたら雑用が困るでしょ!」
 文法おかしいぞ。雑用が困るって意味がわからん。それと、言い訳するくらいなら早く離れてくれ。このまま抱きつかれていたらさっきの光景が蘇ってきたり俺に押しつけられている柔らかい感触が妙に気になったり何か頭がグチャグチャになりそうだし、てかもうこのままでいいかとか思っちまう俺はもうダメなのかもしれない。頑張れ理性。
「キョン?」
 ダメでした。
 俺はハルヒの背中に手を回して抱き返していた。ああもう、俺にも言い訳が必要だな。
「せっかく温めてくれると言うんだから、お言葉に甘えさせてもらおうか」
 そう、それだけだ、他意はない。いつもアホみたいにエネルギー発散してるこいつならすぐ温まるだろ、きっと。無駄なエネルギーを有効活用してやろうと思っているだけだ。それ以外に理由はないぞ。文句あるか?
 ハルヒがこつん、と額を俺の鎖骨の辺りに乗せ、俺はもう完全に理性の負けを認めるしかない。
 最初から負けているとか言うな。離したくないとか思ってる時点で完敗だ。もう言い訳とか言ってられなくなってきた。

 しかし、背中が寒いのは何とかならないもんかね。ヘックション。


  おしまい。



「ご、ごめん、このままじゃ寒いわよね」
 俺の2度目のくしゃみで我に返ったのか、ようやくハルヒは俺から離れた。真っ赤な顔を見られたくないせいか窓際に行って外を眺めている。今のうちに着替えるとしよう。
「なあ、ハルヒ」
 着替え終わって声をかけてもハルヒは振り返らない。
「さっきの……」
「か、勘違いするんじゃないわよ! ただあんたが寒いんじゃないかと思っただけで他意はないんだから! 変な気起こしたら承知しないから!」
 俺が言いかけた言葉を遮って早口でまくし立てるのは照れ隠しか。
「ハルヒ」
「なによっ!」
「お前の顔、窓に映ってるぞ」
 嘘だ。
「────っ!」
 仮に映っていたとしても俺から見える角度ではない。が、そんなことまで気が回らないらしいハルヒは観念したのか俺に向き直った。やはり真っ赤な顔をしているが、多分俺も人のことは言えまい。
 それでも極力気にしないフリして荷物をまとめてから最後に言ってやる。何でまとめてからだって? 逃げ出す準備だ、悪いか。

「勘違いするなって言われたけどな、俺は勘違いしたかったぜ」
「え? どういう意味よ」
「さあな」
 言うだけ言って部室を後にしようとしてドアを開けたところで俺は襟首を掴まれた。お前は窓際にいたんじゃなかったか? 瞬間移動もできるとは知らなかったぜ。
「誤魔化してるんじゃないわよ! ちゃんと説明しなさい」
 そう言うハルヒの表情は何か面白い物を見つけたかのように輝いていた。

 さて、逃げ出すのに失敗した哀れな子羊の末路については皆様のご想像にお任せするとしよう。


  ほんとにおしま……まだあるのか?



 襟首を掴まれ室内に引き戻された俺はそのままドアを背にしてハルヒと向かい合った。ドアは内開き、つまりこのままでは開けられない。
「説明してくれるわよね」
 いったいどんな光源を仕込んでいるのかと聞きたくなるような瞳で俺を睨み付けているハルヒは、しかし怒っていると言うよりは嬉しそうにしか見えない。
 もう言い訳なんか考えつくわけもない。観念するべきか逃げ口上を考えるべきか。
「ハルヒ」
「なによ」
「寒い」
「はあ?」
 何を言ってるのよとでも言いかけたのだろうが、そのセリフをハルヒは口にしなかったのは俺がまた抱きしめたからだ。
「寒いから、暖めてくれ」
「なっ……」
 呆れたのか驚いたのか一瞬批判的な調子で声をあげたが、それを飲み込んだかと思うと驚くほどか細い声になった。
「……好きにすればいいわよ」
 好きにすれば、ね。その言葉は色々都合良く解釈できるんだがいいのかね。
「なあ、俺勘違いしてもいいのか」
「好きにすればいいって言ってるでしょ!」
 そうか、それじゃ好きにさせてもらうとするか。
 俺は抱きしめる腕に更に力を込めた。その脳裏に先ほどの不可抗力で見てしまったハルヒの下着姿が何故か蘇ってきてしまう。ああもう今そう言うこと考えるとヤバイからやめときゃいいのになんでだよ、俺の無意識はどうなってやがるんだ。
 俺の理性はさっきからガタガタで、歯止めになんかなりゃしない。ハルヒはというと大人しく俺の腕に収まっていて、いつものパワーはどこへ行ったんだと聞きたくなるほどだ。
「なあ、ハルヒ……」
「なによっ」
「……変な気起こしてもいいか」
「好きにすれば……って、ええ!?」
 お許しを頂けたようなので、好きにさせていただきます。しばらく理性はお休みだ。
 俺は真っ赤になっているハルヒに口付け、その頬から耳朶、白く細い首筋へと唇をはわせ────

って、これ以上無理! 無理だから!
今頃団員その1は団長様に殴り倒されてるから!
勘弁してください!


スレに投下したら下着どうこうのところはみんな考えるところが同じだと言われたw
いや、言った方はネタとして美味しいと言ってくださってるのだが。
ここ見てくださっている方はお気づきでしょうが、ポクロウタ様の絵に多少感化されておりますw

使い古されようが在り来たりだろうが不可抗力で下着姿を見てしまうってハプニングは男のロマンだ!と叫んでおくw