ハルヒが顔に怪我しちゃった保守
短編 | 編集

ハルヒ「キョン! あれ見て!!」
キョン「おい、こんなところで走るな!」
 
ズザザザザザザーーーーー!
 
古泉「派手にやりましたね」
みくる「あわわわ、顔からですぅ~」
長門「ユニーク」
 
ハルヒ「いったぁい……」
キョン「こんな砂地で走ったらそりゃ滑って転ぶだろ……って、お前、その顔!!!!」
ハルヒ「顔痛い……って、え?あ、あたしの顔から血が……きゃあああああああ!!!」
キョン「落ち着け、単なる擦り傷だ!!!!」
 
長門「ユニークww」
古泉・みくる「「長門さん……?」」
 
 
ハルヒが顔に怪我しちゃった保守
 


ハルヒ「ううぅっ、あたしの顔が……あたしの美貌が……(涙目)」
キョン「まったく、ほらハンカチ。歩けるか? 保健室行くぞ」
ハルヒ「何よバカキョン……あたしが転ぶ前に支えなさいよ」
キョン「無茶言うなよ(やれやれ、さすがにショックか? いつもの勢いがないな)」
 
古泉「ここは彼に任せましょう」
みくる「はわわ、涼宮さん大丈夫でしょうか~」
長門「涼宮ハルヒの転倒……w」
古・み「「長門さん……?」」
 
  保健室に移動したキョンとハルヒ
 
キョン「すみませ~ん……あれ、誰もいないな」
ハルヒ「先生留守なの? しょうがないわね、キョン、あんたが手当しなさい!」
キョン「やれやれ、言われなくてもやってやるよ。自分の顔じゃやりにくいだろうが。
     ほら、もっと顔を上げて傷を良く見せてみろよ」
ハルヒ「ちょ、ちょっと!!何顔に触ってんのよエロキョン!!(顎に手を添えるなんて反則よ!///)」
キョン「何言ってんだ、ちゃんと支えないと消毒しにくいだろうが」
ハルヒ「///(顔が近い!!!)」
 
  そのころまだ外にいる3人
 
長門「涼宮ハルヒの顔面に損傷。そして次は……」
みくる「ひぃい!!?? な、長門さん!?」
古泉「(逃げた方が良さそうですね)」
 
 
ハルヒが顔に怪我しちゃった保守



ハルヒ「(ダメ、耐えられないわよ!!!)」
キョン「おい、ハルヒふざけんな! 何で顔背けるんだ!」
ハルヒ「だ、だって……///(恥ずかしいじゃないの……)」
キョン「ほら、ちゃんと消毒しないと痕が残ったら可愛い顔がもったいないだろ」
ハルヒ「え……? キョン、ちょっと何言ってんのよ!!///」
キョン「え? ……あ。(しまった、つい本音が!)」
ハルヒ「……」
キョン「……」
ハルヒ「サッサとしなさいよ……///」
キョン「分かったから動くなよ///」
ハルヒ「///(だから顔が近いってば!!!!)」
 
  そして1行目に戻る
 
  窓から覗いている3人
 
古泉「何をやっているんでしょうね」←逃げてなかったのかお前は
みくる「何かいい雰囲気ですね~」
長門「……バカップルウゼェ」
古・み「……」
 
 
ハルヒが顔に怪我しちゃった保守
 


ハルヒ「痛い! もっと優しくやりなさいよ!」
キョン「しょうがねぇだろ。俺だって一生懸命やってるんだ」
ハルヒ「痛い痛い痛い~~~!!!」
キョン「おい、暴れるな!!!!」
ハルヒ「まだ終わらないの!?」
キョン「もうすぐ終わる。どうでもいいが何でずっと目を瞑っているんだ?」
ハルヒ「う、うるさい!///(だってこんな近くに顔が……)」
キョン「(うっ 赤面して目を瞑って見上げるのは反則だ!!!)///」
 
キョン「ほ、ほら終わりだ///」
ハルヒ「……あ、ありがと///」
 
  ガチャ
 
古泉「おや、治療も終わったようですね」
みくる「涼宮さん、大丈夫ですか~」
長門「……会話がエロい」
古泉「いえ、それにしては彼が冷静過ぎます」
キョン「真面目に突っ込むな!!! てか長門????」
 
 
ハルヒが顔に怪我しちゃった保守
 


古泉「困ったことが起きました」
キョン「何だ?」
古泉「この保守の作者が、何も考えずに僕たちを絡めたおかげで先が続かなくなりました」
みくる「私たち、話の流れに関係ないですもんね……」
長門「無理があると判断できる」
ハルヒ「じゃあどうなるのよ! こんな中途半端で終わらせるなんて許されないわよ!!」
キョン「中途半端って何だ? ただお前が顔面怪我して俺が消毒しただけだろうが。落ちも何もねぇ」
ハルヒ「な、何よ! キョンのバカ!!!」
キョン「何を怒ってるんだ?」
 
古泉「あなたって人は……」
みくる「キョンくん……」
長門「……鈍感ワロス」
 
古泉「ところで、続かなくなった要因の1つに、おもしろ半分に長門さんを黒っぽくしたからというのがあるようです」
長門「……この保守作者の情報連結解除開始」
 
全員「ええええええ!!??」
 
 
(情報連結が解除されました。続きを読むには長門に再構成を依頼してください)
 


古泉「(き、気を取り直して)もう時間ですし、今日の所は帰りましょう」
ハルヒ「そうね。何か気分壊れちゃったし」
キョン「おい、俺が言ったら『あんたが仕切るな!』って怒るくせに……」
ハルヒ「あんたは雑用! 古泉くんは副団長なんだから当たり前でしょ!」
キョン「やれやれ……」
ハルヒ「キョン! あたしを家まで送りなさい!」
キョン「は? 何で俺が?」
ハルヒ「あたしは怪我人なんだからそれくらいの気遣い当たり前でしょ!」
キョン「別にたいした怪我じゃないだろ!」
ハルヒ「うっさい! 団長命令!!」
キョン「やれやれ、わかったよ」
 
古泉「じゃ、お願いしますね」
みくる「また明日~」
長門「……上手く私たちを追っ払おうという意図が見え見え」
古・み「「え??」」
長門「この保守作者の情報連 「もうその手は使えないんじゃないですか?」
長門「……」
 
キョン「ほら、帰るぞ。早くしろ」
ハルヒ「あんたが仕切るな!」
キョン「……やっぱりな」
ハルヒ「何よそれ?」
キョン「3行目」
ハルヒ「う」
 
落ちなしスマン
養護教諭は薬品棚に隠れていた保守
 


  帰り道

キョン「何で俺が送ってるんだ?」
ハルヒ「今更何言ってんのよ! 第一あんたのせいでしょうが!」
キョン「は? お前が勝手に転んだんだろ。何で俺のせいなんだよ」
ハルヒ「あんたは雑用なんだから団長が危ないと思ったら身を挺してかばわなきゃダメなの!」
キョン「おいおい、俺は超能力者でも何でもないぜ。無理に決まってるだろ」
ハルヒ「何よ! 最初から諦める気? それでもSOS団の団員その1なの!?」
キョン「無理な物は無理だ。俺は俺にできる範囲でしか……(ハルヒを守ってやれない)」
ハルヒ「範囲でしか、何よ」
キョン「いや、まあできることしかできないってことだ(やばい、また訳のわからんことを言いそうになった)」
ハルヒ「情けない」
キョン「俺のせいってのは納得行かないが、送る位はやってやるよ。その顔で1人で帰るのが嫌なんだろ?
     ま、俺にできる範囲ってのはその程度だろ」
ハルヒ「う……(何で分かったのよ!)。そんなんだからいつまで経っても雑用から抜け出せないのよ」
キョン「はいはい、悪うございました(何でそんな嬉しそうに言うのかね)」
 
古泉「乙女心に疎い彼が、送って欲しい理由に良く思い当たりましたね。」
みくる「妹さんがいるからじゃないですか~? うふ、でも送って欲しい理由は他にもありますよね」
古泉「なるほど、恋愛以外ならある程度分かる、と。肝心な所は鈍いままですが……」
長門「……無理矢理出さなくてもいい」
古泉「まあまあ長門さん、出番があるのはいいことです」
みくる「あ、自転車乗って行っちゃいました」
 
 
キョンとハルヒの帰宅を尾行中保守
 


キョン「ほら、着いたぞ。また明日な」
ハルヒ「う、うん……」
キョン「何だよ? 何か言いたいことあるのか?」
ハルヒ「あ、明日も迎えに来なさい!!」
キョン「おい、俺を何時に起こす気だ。朝弱いんだぞ」
ハルヒ「う、うるさいわね! 十分あんたにできる範囲でしょ!! ……こんな顔で1人で歩きたくないんだから……」
キョン「……(しまった)。やれやれ、わかった。起きれたら来てやるよ」
ハルヒ「ダメ。遅刻したら罰金、来なかったら死刑!!!」
キョン「死刑は嫌だが、正直、起きる自信がない」
ハルヒ「そんなんだからいつも罰金から逃れられないのよ。仕方ないわね、朝起こしてあげるわよ!」
キョン「へ?」
ハルヒ「モーニングコールかけてやるって言ってんのよ! 団長自らよ? 感謝しなさい!!」
キョン「やれやれ……(そんな笑顔で言われたら断れないよな)」
ハルヒ「じゃ、また明日!!」
 
キョン「あんな怪我があってもなくても、ハルヒの笑顔は変わらないんだよな……」
キョン「て、俺何言ってんだ」
キョン「(そういや消毒してるときのハルヒ、何か雰囲気違って可愛……いや、何だ?)」
キョン「……はぁ(考えるのはやめた方がいいな)」
 
古泉「ハァハァ……おやおや、1人だと案外素直なんですね」
みくる「ぜぇぜぇはぁはぁ……く、苦しい……。長門さんは平気そうですね」
長門「この程度の移動速度で息が乱れる方が問題」
古泉「ここまで走るのはちょっと骨でしたね。……帰りますか」
長門「私たちは何しに来たのコラw」
 
 
自転車を走って追っかけた3人保守
 


  翌朝

携帯が鳴っている
キョン『……もしもし?』
ハルヒ『おっきろ~~~!!!!!!!』
キョン『起きてるから電話に出ている』
ハルヒ『何よ、つまんない。1回じゃ起きないと思ったのに』
キョン『何回電話するつもりだったんだよ』
ハルヒ『どうでもいいわ、そんなこと。それより7時半にうちの前! 遅刻は罰金だからね!!』
キョン『わかってるよ』
 
キョン「6時か。支度は終わってるんだよな。出るか。……眠い……」
 
ハルヒ「もう支度は終わってるけど、さすがに来ないわよね……」
 
  30分後 ハルヒ宅玄関前
 
ハルヒ「何でもう来てるのよ!?」
キョン「罰金は嫌だからな」
ハルヒ「今からじゃ早すぎるわよね……」
キョン「部室で時間潰せばいいだろ」
 
 
2人とも実は楽しみで眠れなかったらしい保守
 


  早朝の文芸部室にて

ハルヒ「う~~~~~~~ん」
キョン「何鏡見てうなってるんだ。何か呼び出す儀式か?」
ハルヒ「バカ! んな訳ないでしょ! ……やっぱりひどい顔だな、と思ってるだけよ」
キョン「そんなことないと思うが」
ハルヒ「だってこの傷目立つわよ。バカキョンには女心が分からないのよね」
キョン「(そんな落ち込んだ顔するなよ) ……悪かったな」
ハルヒ「分かればいいのよ。……はぁ」
キョン「大げさに溜息をつくなよ」
ハルヒ「だって痕が残ったらどうしよう」
キョン「擦り傷だし、残りはしないだろ」
ハルヒ「……残ったら怪我とその発言の責任取ってもらうわよ」
キョン「やれやれ、どんな罰ゲームをさせる気だ?」
ハルヒ「……鈍感」
キョン「何だって? 聞こえなかったんだが」
ハルヒ「いいわよ、もう」
キョン「何を怒ってるんだ(今日はまだあの笑顔を見てないぞ)」
 
やべぇ、突っ込み3人組がいないと糖度が上がるw
傷のあるなしより笑顔が重要だと思っているキョン保守



  教室にて
 
阪中「す、涼宮さん、その顔どうしたのね~~~!!」
ハルヒ「あ、これはその、キョンが……」
キョン「俺は何もしてない!」
阪中「キョンくん!!?? キョンくん非道いのね、女の子の顔に傷を付けるなんて!!!!」
キョン「だから誤解だ! あれはハルヒが勝手に……いてっ!」
ハルヒ「余計なこと言ってんじゃないわよ! あんたが悪いんでしょ!」
キョン「殴るな! 俺は何もしとらん!」
ハルヒ「何もしてないから悪いんでしょうが! 団長を守るのも団員の役目だって言ったでしょ!」
キョン「だから俺のできる範囲でしかお前を守ってやれないって言ってるだろうが!!!」
ハルヒ「できなくてもやれ!!!」
阪中「それって『俺の守れる限り守ってやる』ってことなのね~。素敵なのね」
ハルヒ「えっ ちょっと、何言ってんのよ!!!///」
キョン「阪中、何を言っているんだ。こいつが無理難題を言うからできる範囲が限られているってだけだ」
阪中「照れなくてもいいのね。恋人を守ってやるなんて、憧れるのね~」
ハル・キョン「「恋人じゃないっ!!!!!!」」
谷口「お前ら、昨日一緒に帰ってたよな。しかも自転車2人乗りで」
ハルヒ「だからちが~~う!! あれは怪我の責任取らせただけで……」
谷口「はいはい、もういいよお前ら」
ハルヒ「谷口殺す!!!!!!!」
谷口「WAWAWA~~~ グホッ ゲホッ」
キョン「谷口……骨くらいは拾ってやるぞ。やれやれ」
 
クラスメイト「(あいつらまたやってるよ……)」
 
 
とっくの昔にクラス公認だったハルキョン+やられキャラ谷口保守
 


  放課後
 
キョン「やれやれ、今日はひどい目にあったな……」←谷口よりマシw
ハルヒ「あたしのせいって言いたいわけ?」 
キョン「違うのか?」
ハルヒ「違うわよ! あんたが変なこと言うから悪いんでしょ!!」
キョン「何だよ、変なことって」
ハルヒ「だ、だからそれは……!そ、その『できる範囲でしか守ってやれない』とか……///」
キョン「う……(確かに余計なことを言ったな畜生)。お前が無理言うからだろ」
ハルヒ「もう! とにかくあんたが悪いの!! 全部責任取って貰うんだから!!」
キョン「罰ゲームも罰金ももう勘弁してくれよ……」
ハルヒ「そんなんじゃないわよバカ!!!!」
 
  パタン。本の閉じる音。
 
古泉「僕らはお邪魔でしょうから帰りましょうか」
みくる「えっ? あっ そうですね~」
長門「……ヤッテラレルカ、ケッ」
 
キョン「え? 何だよお前ら(特に長門!!!)」
ハルヒ「まだ終わる時間じゃないわよ?」
 
みくる「着替えるから出てけ~~~~~!!!!!!」
ハルヒ「みくるちゃんご乱心!!??」
キョン「ああ、朝比奈さんまで!!!(ここは異世界か?世界改変か??)」
 
 
結局前日からあてられっぱなしの3人保守
 


  部室に残された2人
 
キョン「結局何だったんだろうな……あの3人は(後で古泉にでも確認するか)」
ハルヒ「知らないわよっ。……あんなみくるちゃん初めてみたし……」
キョン「長門もおかしかったような……」
ハルヒ「有希は気のせいってことにしないと怖い気がする。何でかしらないけど」
キョン「そうだな、気のせいだよな」
ハルヒ「気のせい、気のせい」
 
ハルヒ「はぁ……早く治らないかな……」
キョン「ハルヒ」
ハルヒ「何よ、あらたまって」
キョン「いや、その今朝の話というか……顔の怪我の話だけどな」
ハルヒ「何よ。やっぱりひどい顔とか言いたいの?」
キョン「アホ。んなわけないだろ。……だから、その、あんまり気にすんな」
ハルヒ「バカキョン! 今朝の話聞いてないわけ!!??」
キョン「ぐっ ネクタイを締め上げるな苦しい!!
     そうじゃなくてだな、怪我をしていようとしていまいと、痕が残ろうと残るまいと、ハルヒはハルヒだろ」
ハルヒ「意味わかんないんだけど」
キョン「だから、その、傷よりもそんな顔……ていうか表情しているハルヒの方が……なんていうか……」
ハルヒ「はっきり言いなさいよ! イライラするわね」
キョン「だから! 怪我があってもなくても、笑ってるハルヒの方がいいんだよ!」
ハルヒ「えっ///」
キョン「怪我が気になるのは分かるが、それでハルヒの良さが変わる訳じゃない。だからあんまり気にするな。
     (あー畜生。俺は何を言っているんだろうね)」
ハルヒ「う……うん///。あ、そうだ! 怪我が治るまでは毎日送り迎えだからね!!」
キョン「覚悟はしてましたよ、団長殿 (言ったそばから笑顔が見れたのはいいが、起きられるか……やれやれ)」
 
 
実は長門によって3人に覗かれているハルキョン保守
 


  キョン自宅にて古泉と電話中
 
古泉『今日はお疲れ様でした』
キョン「何の話だ」
古泉『涼宮さんですよ。彼女は顔の傷でショックを受けていた。
    貴方の言葉がなければ、いずれは閉鎖空間が発生していたでしょう』
キョン「ショックはわかるが、俺がハルヒに言った言葉を何故お前が知っている」
古泉『正直に言いましょう。見ていました』
キョン「どうやって」
古泉『長門さんですよ。彼女は部室を常に監視しています。異空間がせめぎ合っていますからね』
キョン「なるほど……。で、お前も覗いたわけか」
古泉『失礼ながら今回は。朝比奈さんも一緒でしたが』
キョン「悪趣味だぞ」
古泉『分かっております。いつもそんなことをやっている訳じゃありませんよ』
キョン「ところで、長門や朝比奈さんがおかしかった気がするんだが」
古泉『気のせい……と言いたいところですが、貴方のせいですよ。正確にはあなたたち、ですか』
キョン「どういう意味だ」
古泉『見ていてイライラする、と申しておきましょうか』
キョン「わけがわからん」
古泉『これで分からなければお手上げですね。僕が「やれやれ」と言いたいくらいです』
キョン「人のセリフを取るな」
古泉『まあ、いずれ分かるでしょう。今日のところはこの辺で』
 
キョン「……やれやれ。明日も早いな。寝よう」
 
 
後を付けたりするくせにホントにいつもやってないのか?保守
 


  一週間と数日後 ハルヒの自室
 
ハルヒ「治っちゃったな……」
ハルヒ「思ったより早かったわね……」
ハルヒ「もう、送り迎えはなしね……」
ハルヒ「……キョン……」
 
  ハルヒ自宅前

キョン「よう」
ハルヒ「キョン、もういいわ」
キョン「何が?」
ハルヒ「送迎。もう怪我も治ったし」
キョン「それは良かったな。痕も残りそうにないな」
ハルヒ「うん……」
キョン「ま、今日のところはせっかく来たんだ。ほら、後ろ乗れ」
ハルヒ「ありがと」
キョン「元気ないな」
ハルヒ「そ、そんなことないわよ」
キョン「怪我も治ったのにな。何かあったのか?」
ハルヒ「何もないわよ」
キョン「……そうか。じゃ、行くからつかまってろよ」
 
 
何となくダウナーな雰囲気保守
 


  再び早朝の部室

キョン「ハルヒ、やっぱりお前おかしいぞ」
ハルヒ「うっさいわね。何でもないって言ってるでしょ!」
キョン「まあ、言いたくないこともあるだろうが、言えることなら吐き出した方が楽になるぞ」
ハルヒ「だから何でもないの! (もう送り迎えがなくなって寂しいなんて言える訳ないじゃない)」
キョン「……そうか。ところでハルヒ。送迎の話だがな」
ハルヒ「……何よ(人の痛いところついてくるんじゃないわよ!)」
キョン「お前はもういいと言ったけど、続けていいか?」
ハルヒ「え? どうして? 面倒じゃないの?」
キョン「お前は俺が面倒だと分かっててやらせたのかよ」
ハルヒ「せっ責任は責任でしょ!」
キョン「おい、だから怪我は俺のせいじゃ……まあいい。送迎も面倒ではないとは言い切れんがな」
ハルヒ「じゃあどうして……」
キョン「せっかく早起きの習慣がついたんだ。今更戻るのもなんかもったいない。帰りはついでだ」
ハルヒ「そ、そう。あんたがそう言うならしょうがないわね。いいわよ」
キョン「そうか、悪いな」
ハルヒ「別に謝ることじゃないでしょ! 仕方ないからあんたは一生あたしの送り迎えしてなさい!」
キョン「一生!!?? おいまて、俺は一生お前の雑用かよ!!!」
ハルヒ「あったりまえでしょ!!」
キョン「やれやれ、元気出たからいいとするか……」
 
キョン「(いつの間にか2人で過ごす時間が楽しいなんて思っちまってるんだからな。やれやれ)」
ハルヒ「(理由は気に入らないけど……でもどうしよう、嬉しいかも)」
 
長門@監視中「いい加減素直になりやがれこのヤロウ」
みくる@長門製監視モニタを借りている「ふわぁ~ 涼宮さん、プロポーズです~」
古泉@みくる同様「彼は本当に分かってないのか、ポーズなのか……悩むところですね」
 
実は最後のモノローグすら素直じゃないキョン保守
 


  1ヶ月後くらいの早朝の部室
 
ハルヒ「ねえキョン」
キョン「何だ?」
ハルヒ「……その、いつも……あ、ありがと」
キョン「どうした!? 急に! 熱でもあるのか!?」
ハルヒ「バカ! 違うわよ! 何よ、せっかく人が素直に……」
キョン「いや、悪かった。ハルヒに礼を言われるとは思わなかったんでな」
ハルヒ「あたしだってお礼くらい言えるわよっ! バカにしてんの!?」
キョン「だから悪かったって。まあ、俺が好きでやってることだからな。礼には及ばん」
ハルヒ「それもそうね。ま、あたしを送迎できるんだから感謝して貰ってもいいくらいよね」
キョン「おいおい。ま、それくらいの方がお前らしいか」
ハルヒ「て、話をはぐらかすんじゃない!」
キョン「は!? お前訳分からんぞ」
ハルヒ「その、まあ、あたしも感謝はしてるんだから……お礼でも……」
キョン「礼ならさっき言って貰ったぞ」
ハルヒ「そうじゃなくて……目を閉じなさい」
キョン「へ?」
ハルヒ「いいから!」
キョン「わかったよ」
 
 
キョン「……っ///」
ハルヒ「……///」
キョン「……今何をした!///」
ハルヒ「うっさい! お礼よ、お礼!///」
 
 
さて、ハルヒはキョンに何をしたんでしょうね?保守
 


  ちょっとの間があった
 
キョン「団長様にここまでしていただけるほどのことをした覚えはないんだが」
ハルヒ「何よっ バカにしてんの!?」
キョン「いや、そうじゃないんだが……」
ハルヒ「朝弱いって言ってるあんたが早朝から来てくれるんだし、あたしも楽だし……」
キョン「いや、だからそうじゃなくてだな」
ハルヒ「何よっ」
キョン「あー……。その、何だな。……お礼じゃないほうが嬉しいんだが」
ハルヒ「え? どういう意味??」
キョン「……っ/// 妄言だ、忘れてくれ」
ハルヒ「は? あんた団長に『忘れてくれ』なんて通じると思ってんの!!??」
キョン「……はい、思ってません(長門には通じたんだがな)」
ハルヒ「じゃあ説明しなさい」
キョン「……俺、実はポニーテール萌えなんだ」
ハルヒ「えっ」
キョン「いつだったかのお前のポニーテールはそりゃもう反則的なまでに似合ってたぞ」
ハルヒ「えっ それって……んっ……」
 
 
ハルヒ「……んっ…はぁっ……ちょっとあんた……///」
キョン「……まあ、つまりそういうことだ///」
ハルヒ「わけわかんないわよ///」
 
 
セリフあってるか?保守
 


ハルヒ「……まあいいわ。あんたSOS団団長にここまでしたんだから覚悟は出来てるでしょうね」
キョン「(嫌な予感)何の覚悟だ!?」
ハルヒ「あんたは一生SOS団の団員その1にして雑用係にしてあたしの下僕よ!!!」
キョン「ちょっと待て! 団員と雑用はこの際甘んじるがお前の下僕ってのは認められん!」
ハルヒ「うっさい! このあたしに…あ、あんなことして、許されると思ってるの!」
キョン「先にしたのはお前だろうが!!!」
ハルヒ「うっさい! あたしはいいのよ、団長だから!」
キョン「断じて認めん! 断固抗議する!!!」
ハルヒ「却下!!!」
 
古泉@覗き「ここまで来て素直になれないとは……お二人とも重傷ですね」
みくる@覗き「はわわわ~ 何でそこで喧嘩しちゃうんですか~~」
長門@覗き「……ここまで来て『好き』も言えない。予測不能」
 
キョン「……ちょっと待て」
ハルヒ「何?」
キョン「何か見られてる気がしないか?」
ハルヒ「誰もいないわよ……でも変ね、そんな気が……」
キョン「(あいつら、まさかまた見てるんじゃないだろうな!?)」
 
古・み・長「「「ばっち見てま~すwww」」」
 
キョン「……やれやれ」
 
 
ハルヒが顔に怪我しちゃった保守 おしまい。


涼宮ハルヒの感染に微妙に続く。